背中ニキビはケアしにくい

背中のニキビとは?

背中にできてしまうニキビで、困ったことはありませんか。

ニキビは顔にできやすいというイメージがありますが、背中もニキビのできやすい箇所です。

どうして背中にニキビができてしまうのでしょう。

まず、皮脂の多く出る体の部位だということが挙げられます。

夜、眠る時に仰向けで寝ている時に寝汗をかき、それが原因で背中ニキビができる場合もあります。

また、日焼けをして背中の角質が硬くなると、ニキビができやすくなります。

汚れが背中に付着することでも、背中ニキビはできてしまいます。

例えば、直接肌に触れるインナーを汗をかいたまま長時間着ていたり、洗濯の洗剤や柔軟剤が合わなかったりすると背中ニキビの原因になります。

洗髪後のシャンプー等が背中に流れ、上手く流せていない場合もニキビの原因になります。

これら二つは、気をつければ背中ニキビを予防することができるでしょう。

できてしまった背中ニキビは、どのようにして改善させればよいのでしょうか。

まず、インナーやパジャマを吸水性の良いものに変えるという方法があります。

少しでも汗を吸収し、十分な睡眠を取りましょう。

また、髪の毛が長い方は背中に髪が掛からないように常にまとめておくと良いでしょう。