ニキビはクリニックでも治療できる

皮膚科のニキビ治療とは?

ニキビが出来てしまうと自分で出来るだけケアをして早めに治すという方法もありますが、もしニキビが悪化してしまった場合は悪化した程度がひどい分跡が残りやすくなります。

なのでもし自分で対処しきれないと思ったときには迷わず皮膚科に行って治療したほうが良いです。

皮膚科でニキビ治療は扱っています。

皮膚科でのニキビ治療はいくつか方法があって状況に合わせて治療法を決定します。

皮膚科ではどのような治療をしてくれるのでしょうか。

治療のパターンで多いのが外用のレチノイドを使う治療法になります。

レチノイドはにきびの元となってしまう毛穴のつまりを解消してくれる薬です。

他にも飲み薬や塗り薬を処方してくれます。

抗菌薬を利用して炎症を抑えるようにする治療法です。

また、炎症が無いニキビの場合、イオウ系列の塗り薬を使うようになります。

イオウ系列の塗り薬も毛穴のつまりを解消してくれる薬になります。

どの薬を使用するかは医師が状態を見て決定してくれますので処方してくれた薬を使用して治療していくことになります。

他にも状況に応じてですが専用の器具を使ってたまった皮脂などを取り出すという「面ぼう圧出」という処置もあります。

自分で対処しきれなくなったニキビは医療機関での受診をして治すようにしましょう。