ひとつではないニキビの種類

たくさんあるニキビの種類

ニキビと一言で言ってもいくつか種類があります。

基本的にニキビは誰にでも出来るものだと思ってください。

まず、一番出来やすいニキビというと白にきびです。白ニキビは毛穴の中に皮脂が溜まってきて毛穴がふさがってしまっている状態になります。

ちょっとぽつっと何か出来てしまったという時や炎症もこれといって無い場合は大抵、白ニキビの状態です。

そしてこの白ニキビの溜まった皮脂が肌の表面に出てくると肌の外に出てきた皮脂の部分は酸化して黒くなってしまいます。これが黒ニキビです。

できものが出来ているんだけど黒くブツブツになってしまっている状態が黒ニキビということですね。

どちらにしても肌の代謝のバランスによって出来てしまうものです。

この白ニキビや黒ニキビの状態でばい菌が入ってしまい炎症が起きてしまったものが赤ニキビといわれています。

ここまで悪化してしまうと治ったとしても肌に跡が残りやすくなってしまいます。

悪化したニキビの跡が残ると困ってしまいますよね。

また、連続してたくさん出来てしまった場合、それだけ肌の炎症がひどくなってしまうこともありますので仕方のないことかもしれません。

なので基本的ににきびができないように、また悪化させないようにと心がけるようにしてみましょう。